前へ
次へ

インターナショナルスクールで確認することとは

インターナショナルスクールの形態は、学校法人として認可されているところと認可されていないところの二種類があります。
学校法人の認可を受けていないインターナショナルスクールは、株式会社や有限会社として運営されている学校が多く、国からの補助などもありません。
また企業として扱われることになるので、税金も通常の企業と同じようにかかります。
学校法人ではないと、生徒も通学定期券を発行してもらえない等の不具合が生じてしまいます。
特別な補助を受けていない分、学費も高い傾向です。
ほとんどのインターナショナルスクールでは、子どもの教育に熱心に取り組んでいますが、一部の学校では利益目当てに運営を行っているところもあるので注意が必要です。
そのような学校を利用しないためにも、入学する前に学校のお金の動きを確認することがポイントになります。
学費や寄付金などがきちんと子どもに還元されているかどうか確認することが大切です。
きちんと還元されている学校では、施設費が充実していることが多いです。

Page Top